ライブチャットはビジネスチャンス。チャットレディ需要拡大中。

ライブチャット市場とは

動画配信市場規模は、2,770億円(前年比約126%)。定額制見放題サービス(SVOD)を中心に市場規模は大きく拡大し、動画配信の視聴習慣が定着・浸透し、ユーザー層が更に拡大したことで過去最高の伸長となりました。

また、今後の市場予測では、定額制サービス(SVOD)が引き続き拡大することが見込まれ、映像ソフトの販売市場の落ち込みをカバーする形で、都度購入(EST)、都度課金サービス(TVOD)の拡大が期待されること、5G(大容量の映像配信コンテンツ)によるサービスの普及といった環境変化が及ぼすライフスタイルの変化を踏まえ、2024年には3,440億円まで成長すると推定しています。

インターネット経由で24時間・365日パソコン・スマートフォンでユーザーが観たい動画コンテンツを好きな時に視聴する事が出来るライブ配信(リアルタイム動画配信)サービスは事業者数が増加の一途。「ライブチャット」の更なるニーズの高まりが今、正にビジネスチャンスとなっています。

ライブチャット需要の高まり

● 動画配信市場規模の推移・未来予測

未来予測

更なるライブチャット市場の拡大

● 2019年 動画配信市場規模(2,770億円)・シェア率

未来予測

テレワーク人口の増加

2020年からは新型コロナウイルスの影響により、一般企業においてもテレワークの導入が全国的に浸透してきています。
在宅勤務者の増加により男性・女性を問わず、自宅でのパソコン利用やインターネット接続の機会も増えをており、ライブ配信(リアルタイム動画配信)のネット視聴者数・利用時間も増加傾向となっています。

だからライブチャット事業が狙い目

時代の流れや趣向・傾向・社会を取り巻く状況で、動画配信の市場規模はますます大きくなり、人気も高まりを見せています。その中でも「ライブチャット」はそのシェア率を大きく拡げているため、既存の事業者は勿論、ライブチャット業界へ関心を示し、新規で参入する異業種の方々も増えています。

しかし成功する事業者は少ない

今後も更にニーズとシェアが拡大する「ライブチャット」ではありますが、確実に収益のあるビジネスとして営むには様々なノウハウ・ナレッジ等が必要となります。ライブチャット(チャットレディ)プロダクションを運営するのであれば、店舗スタジオ(チャットルーム・チャットブース)の出店エリア(地域)、出店場所(物件)、出店規模(ルーム数)、通信設備(ネット環境・機材)、スタッフ・女性等の最適化も考慮しなければなりません。

しかし、新たに参入したライブチャット事業者のほとんどが短期間の内に経営の壁に突き当たり、半年以内には縮小、一年後には撤退しています。また既存のライブチャットプロダクションにおいても売上の増加、店舗の拡大が出来ておりません。
それは、効率よく売上を作り出す方法を知らなかったり、運営のやり方が従来通りの古いままであったりと理由は様々です。
多彩な事例や蓄積されたデータを保有していない為、画一的なアプローチしか出来ていないのが現状なのです。

そこで本当に必要な事は何か

「ライブチャット」事業でビジネスとして失敗しない為に今、本当に必要な事、それはライブチャット業界において長年の経験と実績により得られた数々の知見により導き出された、ブライトグループならではの一歩先行く「成功経営へのメソッド」です。

チャットレディ求人プロダクション「ブライトグループ」では、チャット黎明期から現在に到るまで、実に様々な状況変化の中で時流に合致したプロダクション経営を行って来た経緯がある為、その結果、売上規模・店舗数・ランカー上位チャットレディ在籍数が日本全国で一位となっています。